電力自由化 比較

電力自由化を比較! メリットや違いを知ってお得に活用しよう!

電力自由化の契約で起こりがちなトラブル

      2016/03/22

電力自由化が近づくにつれ、様々な契約上のトラブルが発覚しています。まだまだ消費者が電力自由化についての性格な知識を持っていないからこそ起こっているトラブルが跡を絶ちません。どんなことが起こっているのか?ちょっと頭の片隅においておいてください。

電力自由化の契約で起こりがちなトラブル

電力自由化で起こっているトラブルを大きく分けると2種類です。1つは便乗商法、もう1つは個人情報関連です。実際に既にそんな問い合わせが国民生活センターに200件以上も集まっており、電力自由化関連の問い合わせは前年の7倍にもなっています。

便乗商法で良く販売されるのが、電力の契約と見せかけて全く違うものを売りつけられるというやつで、訪問時は電力自由化の件でと話し始め、結局は太陽光発電であったり、蓄電池だったり、なぜかプロパンガスを売りつけようとしたり、電力自由化では必要のない電気工事であったりと、様々な方法でイロイロなものを提案してきます。

もう1つの個人情報に関しては、電力自由化に対するアンケートという名目で電話をかけてきて、世帯に住んでいる人数や年収、車の有無などの全く関係の無いことを根掘り葉掘り聞いてくるというものです。これが後々の詐欺の際に活用されるデータになるので、個人情報を自ら伝えるようなことは止めましょう。

もちろん電力自由化の契約であってもクーリングオフ制度の適応がありますので、万が一こういった契約を行ってしまった場合には、一定期間内であれば解約を申し出て、しっかり処理してもらうようにしてください。

消費者側の知識の問題もありますが、向こうはプロフェッショナルです。何でも熟知してあなたの心のすき間に入り込んできますので、注意が必要です。大切なことは、電力自由化が4月から始まりますが、それまでに契約をしなくとも何ら変わらないということです。

電気も止まりませんし、普通に今までと変わらない生活を続けることが出来ますので、不用意な焦って行う契約だけはしないようにしましょう。

 - 電力自由化 ニュース , ,