電力自由化 比較

電力自由化を比較! メリットや違いを知ってお得に活用しよう!

電力自由化に最も興味が有るのが千葉県だった

   

電力自由化に最も興味がある都道府県は千葉県でした。他にもどんな層が電力自由化に対して興味を持っているのか?電力自由化の動向について行われた調査結果を私なりに考えてみたいと思います。

電力自由化に最も興味が有るのが千葉県だった

電力自由化についてまだまだ知名度が低いようで、知っているそうは全体の55%程でしかも名前を知っている程度という復旧には程遠い状態であることが明確になっています。実際にその中身を知っているのは40%弱という状態なので、まだまだ告知が足りないのか?要飛車側のアンテナが立ってないのか‥

そうは言われても実際に周りにメリットが出始めてから動く一般層の方がどんな時でも多いので、今暫くは普及まで時間がかかるというのが実情だと思います。

面白いのは興味がある都道府県の話、千葉県61%、京都府59%、東京都58%、神奈川と鹿児島が57%とどちらかと言えばベッドタウンの方が興味がある。これはやはり遠くから通う人の通勤時間や収入と支出のバランスなどの影響があるのかな‥と思います。

個人的には東京都が最も興味があっても良いと思っています。なぜかといえば、電力会社も電力プランも選択肢が一番多くなるはずだし、家賃も高いので支出を抑えたいという願望があるはずなので、ただ一人暮らしが多い地域だとそこまで考える余裕はないし、メリットも少ないという影響があるのかもしれません。

そして電力自由化に全く興味の無い層がいるのが電気代が2万円以上の24%の層。これ富裕層じゃない?という世界の人達です。たしかに彼らからすれば、わざわざそんな細かい事で支出を抑えるよりも他のことに時間を使ったほうが経済的だし、特に必要としないというのが答えなのかもしれません。

電力自由化は電気代が高額になるほどメリットが多いはずなのに、電力会社もそこを一番狙っているはずなのに、政策の考える部分と消費者の考える部分のギャップが既に見え隠れしているという悲しい結果になりそうですね。

 - 電力自由化 ニュース , ,