電力自由化 比較

電力自由化を比較! メリットや違いを知ってお得に活用しよう!

電力自由化に対する消費者の求めるニーズとは?

   

電力自由化が間近に迫り、消費者のニーズも徐々に明確になってきました。これまでの価格先行型から何が変わってきているのか?今後の動向はどうなるのか?現在の消費者のニーズからその先を考えてみたいと思います。

電力自由化に対する消費者の求めるニーズとは?

とある調査で既に電力自由化での乗り換えを検討している人は約8%とまだまだ電力自由化に積極的でない姿が見えています。ただ情報収集をしている層が約40%もいることもわかっており、状況次第で一気に電力自由化に人が流れこむという感じになりつつあります。

そんな消費者が求めるものは、やはり値段の安さが約90%と非常に高く、安ければ電力自由化の普及率が高くなるということは間違いないさそうですが、さらなるポイントがあります。それが安定供給出来るかということです。

安定供給に対するニーズも非常に強く約77%もの消費者が考えていることであり、この辺りは電力自由化とのギャップが少し見え隠れします。基本的に契約している電力会社にトラブルがあったとしても、現状は送電がとまるということはなく、地域の電力会社に切り替わって送電されます。

そういった部分の告知や信頼感がまだまだ出来ていないというのが現状なのかもしれません。もちろんトラブル発生時の速やかな対応ができるというのは基本的な話なので、それをどうこう言うつもりはありませんが、底に対するニーズも52%程もあるなど、結局は不安という言葉がつきまとうのだと思います。

この傾向が強く出ると、電力自由化に参加する企業も優良企業以外は選択肢に入ってこないということも考えられます。そうなったら、今回小売に参入する中小の66社にとってのメリットがなく、撤退が続くということも考えられるかもしれません。

いずれにしてもまだまだ本格稼働していない電力自由化の現状は不安が一番という姿が見えています。この辺りは政府の告知が少ないこと、既にトラブルが起こっていること、消費者の理解が少ないことがあげられるのではないでしょうか?

様々なトラブルが起きないように、まずは電力自由化の契約に際しては情報収集を優先することをおすすめします。

 - 電力自由化 ニュース , ,