電力自由化 比較

電力自由化を比較! メリットや違いを知ってお得に活用しよう!

関西電力、家庭用ガスにも参入決定!大阪ガスとのシェア争い激化!

   

関西電力が家庭用ガス部門への参入を決定しました。これで大阪ガスとのシェア争いが激化します。さてそんな関電の家庭用ガス参入はどんなメリットが期待できるのか?少し考えてみたいと思います。

関西電力が家庭用ガスに参入するメリット

これちょっと先の話になりますが、16年4月に電力自由化が始まりますが、実は17年4月にはガスの自由化が始まるんです。ということで、家庭用ガスを含んだシェア争いが激化することが既にわかっています。

だから大阪ガスの電力自由化の契約は2年縛りという割安なプランがあるんです。つまり来年になって、急に切り替えられないようにするための予防策というわけです。そんな家庭用ガスに1年遅れで参入するのが、関西電力です。

関西電力も火力発電所の燃料にガスを大量に輸入していますので、その余剰分を家庭用に回すことで十分な価格競争力があることが想定されます。そこで電気とガスのセット販売で割安な料金メニューを用意し、特に大阪ガスよりも料金を抑えてガスの提供を行いたいという話を関電の社長さんがされています。

この辺りのプランはまだまだ先の話になりますが、関西にお住まいの方の場合には、関電なのか?大阪ガスなのか?はたまたスマホ系?ガソリン系??様々な選択肢が増えていることは間違いありません。

今朝のニュースでは、「関電は1年遅れでセット販売を始めることになるが、電気とガス機器の保守点検をあわせて展開するなど新しいサービスを提供する予定だとか。また家庭用ガスには東京電力も参入する方針を打ち出しているので電力大手の相次ぐ参入により、消費者が割安な料金や多様なサービスを利用できる機会がさらに広がる」ことが話題に登っていました。

関電と大阪ガスの動きは、東京では、東電と東京ガスの動きにつながります。この両者がどんなシェア争いを広げるのか?つまりどれだけお得なサービスを提供するのか?この先の展開次第で、契約会社がどんどん変わっていきそうですね。

 - 電力自由化 企業, 電力自由化 比較, 電力自由化 関西 , , ,