電力自由化 比較

電力自由化を比較! メリットや違いを知ってお得に活用しよう!

東北電力が電力自由化で首都圏進出!

      2016/03/14

東北電力が電力自由化でついに首都圏進出を決定しました。これで東電管内に進出を決めた電力会社がまた1社増えることになります。東北電力で電力自由化の契約をするメリットはどこにあるのか?チェックしてみたいと思います。

東北電力が電力自由化で首都圏進出!

東北電力の電力自由化プランは、「よりそう、でんき」というなかなか微妙なネーミングです。東京電力の従量電灯Bを契約している人で、120kWH〜300kWhを使っている人が最もお得になるようにプランが設計されています。

この電力利用量の人であれば、1kWhあたり3円ほど東京電力よりも安く利用することができます。月額で190円程度、年額で2300円ほどなので、電気代金の節約という意味ではあまり大きなメリットがありません。

しかしこの東北電力の電力自由化には、よりそうeねっとというポイント制度があり、ここで貯めたポイントに合わせて東北地方の特産品と交換ができたり、東北地方の復興のために寄付できたりという東北支援に繋がることができる魅力があります。

またこのよりそうeねっとのポイントは、Amazonギフト券、nanacoギフト券、Pontaポイント、Suicaポイント、WAONポイントなどに変換できますので、そういった面でのメリットは有るかもしれませんが、あくまでも東北支援というイメージが先行します。

個人的には、それ以外のメリットを見いだせないのが東北電力の電力自由化プランですが、普段の生活の中でできる復興支援という意味では非常に価値の高いものであると思います。あなたも東北地方の電力自由化に契約して、東北地方の復興支援を行ってみませんか?

 - 電力自由化 企業, 電力自由化 比較 , ,