電力自由化 比較

電力自由化を比較! メリットや違いを知ってお得に活用しよう!

丸紅新電力で丸紅が電力自由化に参入決定!

      2016/03/12

総合商社の丸紅が丸紅新電力という会社を作って、電力自由化に参入してきました。北海道・関東・関西・九州の4エリアからスタートします。さて実際に丸紅新電力が提案する電力自由化プランの「プランS」とはどんなメリットがあるのでしょうか?

丸紅新電力で丸紅が電力自由化に参入決定!

丸紅新電力の電力自由化プランは、現在の従量電灯に対応しているもので、東京だち従量電灯B・Cに相当するプラン(プランS)が発表されました。これは使えば使うほどお得になるものなので、実際をチェックしましょう。

東電エリアの場合、従量電灯B向けのプランSでは、40Aで520kWhの場合には、年間1万円程度の割引で、従量電灯C向けのプランSでは、8kVAで1500kWhを使用していれば、年間45000円ほどお得になります。

従量電灯Bはインパクトが弱いですが、従量電灯Cになると一気にスケールメリットが出てきます。でも一般家庭でそこまで使う家はあまりないので、どちらかと言えば個人商店とかお店をやっている人には検討の余地ありという感じのプランですね。

実は丸紅新電力は既にプランGの存在を匂わせているんです。しかしこの詳細は3月15日以降に発表されるとか?実際にはどんな内容になるのかわかりませんが、個人が契約するのにメリットのある内容だと良いですよね!

ちなみに丸紅は既に総合商社として国内で4500件以上の電力提供実績があるんです。そんな丸紅が作った新電力会社が丸紅新電力ですので、電気の供給という意味ではすごく安心出来ます。問題は、丸紅新電力で契約する理由をどう見せてくれるのか?その部分ですね。

 - 電力自由化 企業, 電力自由化 比較 , ,