電力自由化 比較

電力自由化を比較! メリットや違いを知ってお得に活用しよう!

ビッグローブでんきが中部電力と提携して首都圏に参入

   

girl-489109_640ビッグローブでんきが中部電力と業務提携をして、首都圏に参入することが決定しました。やはり電力自由化の一番の市場は首都圏だということは間違いありません。そこにビッグローブと中部電力の提携で参入するということはそれなりに本気だということでしょう。ビッグローブでんきのメリットを考えてみたいと思います。

ビッグローブでんきが中部電力と提携して首都圏参入!

ビッグローブでんきの第一弾、中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEというプランを持って首都圏参入してきます。両社ともに東京電力管内でどれだけのシェアを奪えるか?ということを念頭に置いた参入で、用意されたプランは1つのみ。インターネットとのセット割、格安SIMとのセット割です。

中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEでは、従量電灯Bもしくは従量電灯Cと契約している人を対象にしており、基本料金が1kVAあたり30円引き、電力量料金が一律26円31銭で固定されているのが特徴です。やはり電力自由化ではより多くの電気を使う人の方がメリットが多いのはどこも変わりません。

そして、光☆でんきセット割ではインターネットとのセットでインターネットの月額費用が毎月100円割引になります。これは既にビッグローブ光を利用している人も対象です。更にスマホまでビッグローブを使っている人には、光☆SIMでんきトリプル割が用意されており、インターネット+スマホ分の月額費用が毎月400円割引になります。

ちなみに光☆SIMでんきトリプル割で契約した場合、東京電力・従量電灯Bで40A契約、月間の電気使用量が550kWh程度の場合は、月額使用料が総額で4600円/月も安くなるという試算があります。まぁSIMまで格安に?という面倒なところはあるかもしれませんが、毎月4600円というのは、非常に大きな金額です。

更にもう一歩踏み込んで、中部電力のWebサービスのカテエネが利用可能になりますので、カテエネポイントを貯めることができるようになります。今回の発表はあくまでも第一弾だそうです。ということは、関西にも上陸するという事を意味していると思います。

 - 電力自由化 企業, 電力自由化 比較 , ,