電力自由化 比較

電力自由化を比較! メリットや違いを知ってお得に活用しよう!

コープでんきで大阪いずみ市民生活共同組合が参入!

   

大阪いずみ市民生活共同組合(生協)がコープでんきで電力自由化に参入することが発表されました。実際にどんな電力プランが用意されているのか?他の電力会社との違いは?大阪いずみ市民生活共同組合のコープでんきのメリットやデメリットを紹介します。

「コープでんき」で大阪いずみ市民生活共同組合が参入!

コープとでんき意外な組み合わせが生まれましたが、コープをやっている人はわかると思いますが、配達員さんとかなり長いお付き合いをされている人が多いんですよね。だから既に信頼関係ができているということと、細やかな質問などができるメリットがあります。

実際の電力プランは、ベーシックプランと、バリュープランの2つがあるようで、440kWhでベーシックプラン(440kWh未満)とバリュープラン(440kWh以上)を分けて考えているようです。

関西エリアなので関電の電力自由化と比較すると、ベーシックプランの場合は、年間で4000円ほど安くなるようです。割引率は5.3%なので、悪く無いですね。バリュープランの場合は、450kWh時の場合は9000円ほど安くなり、700kWhも使用している家庭の場合には、なんと3万円以上も割引になるという値引き幅は嬉しいです。

ただこのコープでんきは、大阪全域の人がOKではなく、あくまでも大阪いずみ市民生活共同組合が提供しているプランなので、その配達エリアのみが契約可能というのも見逃せないポイントです。

つまり、いずみ市民生協を利用できるエリアである。東大阪市/八尾市/柏原市/藤井寺市/羽曳野市/松原市/太子町/河南町/富田林市/千早赤阪村/大阪狭山市/河内長野市/堺市/高石市/和泉市/泉大津市/忠岡町/ 岸和田市/貝塚市/熊取町/泉佐野市 /田尻町/泉南市/阪南市/岬町に在住しているひとにしか契約ができないのです。

コープでんきの強みは、最初にも言ったようにわからないことは全て配送員に質問ができるということ!これは配送員さんがしっかり勉強していることを願うだけですが、でも気軽に質問できる環境が整っているのは嬉しいことです。

またコープ独自のサンクスポイントの対象になるので、電気を使うだけでサンクスステージが上がって、配送手数料が無料になったりとメリットが大きいですね。実際に乗り換える際には、どこが良いのか?いろいろ比較検討してみてください。

 - 電力自由化 企業, 電力自由化 比較, 電力自由化 関西 , , ,